悪夢の原因

 

 

悪夢の原因について

悪夢とは寝ている最中に見る嫌な夢や不快な夢のことを指し、現実では想像もできないほど悲惨な光景を目の当たりにし、飛び起きてしまったという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

できるのであれば幸せな夢を見たいと考えるはずですが、悪夢を見てしまう原因はあるので、それを避けることで怖い夢を防ぐことができます。

 

夢とはいっても、あまりいやな目にあいたくないと考えるのは人間であれば普通のことですし、そのためには悪夢の原因となることを避けなければならないのです。

 

特に、毎日のように悪夢を見ているという方は要注意で、それで毎晩のようにうなされているのならば、何かしらの原因が影に潜んでいると考えられます。

 

そこで、このページではなぜ悪夢を見てしまうのか、その原因について詳しく記載しているので、楽しい夢を見て幸せな気分になりたいという方は是非チェックしてみてください。


病気が原因の悪夢

「自分が身の危険に晒される夢」「自分が嫌なことをされる夢」というように悪夢の内容は様々ですが、どのような悪夢でも病気が原因で引き起こされることがあります。

 

その大きな例が睡眠中に呼吸が停止する睡眠時無呼吸症候群で、酸素供給不足によって苦しいと感じ、その現実の出来事が悪夢として表れてしまうのです。

 

睡眠時無呼吸症候群の方は、見た目では特に苦しそうではないものの、呼吸が一時的に止まっていることは間違いないので、苦しいと感じるのは普通だと説明できます。

 

他にも、高熱を伴う風邪に悩まされていたり、急に場所を選ばずに寝てしまうナルコレプシーといった病気が原因で悪夢を見やすいのです。


就寝体勢が原因の悪夢

「仰向け」「うつ伏せ」「横向き」といったように、個人によって就寝体勢は大きく異なります。

 

睡眠は人間にとって大事な要素で、自分が寝付きやすい体勢で眠るのが一番なのですが、就寝体勢が原因で悪夢が生じることがあるのです。

 

うつ伏せで寝ているという方は、胸式呼吸の際に肺が十分に膨らまず、横隔膜の動きが制限されて酸素の供給能力が低下するため、苦しいという感情が次第に生まれてきます。

 

病気が原因の悪夢と同じように、苦しいという感情が強まることで頭の中で苦しい状況のことを考え、悪夢として表れるわけです。

 

また、就寝体勢だけではなく、布団やベッドが狭かったりして寝返りを打てない場合も、睡眠レベルが低下して苦しい悪夢を見る確率が高まってしまうので注意しなければなりません。


お酒が原因の悪夢

夜に眠れないということでお酒を飲んでいるという方は多く、適量であれば睡眠を促してくれるので、寝付きが悪いという方に最適のグッズだと言えます。

 

しかし、その効果が切れると目を覚ましやすくなりますし、あまりにも大量のお酒を飲むと、今度は悪夢が引き起こされてしまうのです。

 

何事にも限度があり、お酒の過剰摂取が原因で悪夢を見やすいというデータがあるので、寝る前は程ほどの量で抑えておくようにしましょう。


高脂肪の食事が原因の悪夢

肉類や油脂類など、高脂肪の食事を過剰に摂取していると、その食べ物が原因で悪夢を見やすくなります。

 

実際に、野菜といった自然の食品を食べた方と、ジャンクフードを食べた方で夢の内容にどのような違いがあるのか研究を行ったところ、特定の食べ物は夢に良くない影響を与えるという推測が出されました。

 

そのような食べ物として、高脂肪や辛い食事が挙げられ、トウガラシやキムチといった辛い食べ物は体温を上昇させる効果があるため、それが原因で悪夢を見やすいのです。

 

どのような食べ物だとしても、寝る前にお腹の中に入れると胃腸が休まらず、睡眠の質が低下する恐れがあるので、就寝前は水分の摂取だけに留めておくことをおすすめします。


ストレスが原因の悪夢

受験や就職、転職やリストラなど、仕事関連は人生のストレスが溜まりやすく、ストレス社会ではどうしても避けることのできないものだと言えます。

 

しかし、夢に関する研究を行っているIASD(International Association for the Study of Dreams)では、ストレスといった心の負担が悪夢の原因となることを発表しました。

 

私たちが寝ている最中も脳は考えることを停止することはなく、現実世界で引き起こされた不安要素を夢に引きずり、そのまま悪夢として表れる可能性があるというわけです。

 

しかも、ストレスを抱えている時は、寝ている時でさえも仕事のことを考え、24時間脳も身体も休まらないという状態が続くかもしれません。

 

あまりにも心に大きな負担が加わると、悪夢を見るだけではなく、うつ病や自律神経失調症に繋がるリスクがあるので注意が必要です。

 

これらの病気に一度かかってしまうと、治るまでに長い時間を費やす可能性が高いので、ストレスを毎日の生活で発散できるような工夫をしましょう。