アルコールが原因の悪夢

 

 

アルコールが原因の悪夢について

怖い悪夢を見て恐怖感で目を覚ましてしまうという経験は誰もがあるでしょうが、その原因がアルコールにあるということをご存知ですか。

 

もちろん、アルコールだけが悪夢を見る原因ではないものの、睡眠の質が浅くなるレム睡眠になり、夢を見ずにグッスリと眠るノンレム睡眠状態になるのを阻害してしまいます。

 

アルコールには眠りへと誘う効果があり、夜寝る前に摂取することで気持ち良く眠ることができるでしょう。

 

しかし、これは寝付きが良くなるというだけで、眠りの質が高くなるというわけではなく、逆に浅い眠りを引き起こす大きな原因となるため、悪夢を見やすくなるというわけです。

 

また、アルコールだけではなく中枢神経系に作用する薬も同じように眠りの質を下げるという特徴があるため、悪夢を見たくないというのであれば、寝る前のお酒をなるべく控えた方が良いと言えます。

 

人間は誰でも浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠を繰り返すという特徴があり、浅い眠りになること自体には全く悪影響はありません。

 

それでも、悪夢をたくさん見るということは、全体的に浅い眠りになっていることを指し、睡眠の質が低下すれば日常生活の疲れやストレスを解消することができないので注意した方が良いのです。

 

不眠症の方は寝付きが悪いということで、寝る前にアルコールを摂取しているかもしれませんが、それが逆効果となっている可能性は高いですし、悪夢を見る回数が増える大きな原因となります。

 

しかも、基本的にアルコールは夜に摂取するものであり、悪酔いや二日酔いの大きな原因となるアセトアルデヒドに代謝され、睡眠の質が大きく低下してしまうのです。

 

「眠れないからお酒をたくさん飲もう」という考えは逆効果で、疲れやストレスを溜める原因となるので注意しましょう。

 

悪夢を見る原因はアルコールだけではなく、人生のストレスが溜まった時だとも言われており、睡眠の質が低下してグッズリと眠れないことが次第と心に負担が掛かっており、その影響で悪夢が引き起こされていることもあります。

 

この負のスパイラルを解消できなければ、いつまでも悪夢にうなされる回数を減らすことはできないため、快適な睡眠を得られるような処置を施さなければならないのです。

 

例えば、寝る前に心地良い香りのするアロマを焚いたり、リラックスできる音楽を流したりと、自宅でできることはたくさんあります。

 

また、寝る前に携帯電話やテレビ、コンピュータのモニターのように、光が発生するデバイスを使用すると、身体が休もうとしているのにも関わらず、脳が刺激を受けて眠れない状態に陥ってしまうのです。

 

不自然な覚醒状態となれば、それだけ眠りが阻害されることは間違いないので、悪夢を見ないためにも寝る前の電子機器の使用は避けてください。