悪夢と不眠症

 

 

悪夢と不眠症について

不眠症の症状はただ眠れないだけだと考えている方がいらっしゃいますが、実は眠りの質が正常な方と比べると大きく異なります。

 

正常な方は、眠りの浅いレム睡眠と眠りの深いノンレム睡眠が交互に訪れるという特徴があるものの、不眠症の方はこのサイクルが乱れることで眠りの質が大きく変わり、悪夢を見やすくなるのです。

 

不眠症と一口に言っても、寝付きが異様に悪かったり、睡眠中に何度も目覚めてしまうというように、様々な症状が挙げられます。

 

不眠症で悩まされている方は絶対に眠れないというわけではなく、正常な睡眠がとれなくなるような状態を指しており、悪夢も大きく関係しているかもしれません。

 

「明日も悪夢を見るかもしれないから眠りたくない」「悪夢による恐怖感で眠れない」と考える方が多く、その影響でストレスが溜まるのです。

 

悪夢を見る一番の原因はストレスだと言われており、不眠症を患っていないとしても、心が不安定になることで見やすくなります。

 

自分では気が付かない間にストレスが溜まっているというケースも珍しくないため、毎日の生活できちんと発散させなければならないのです。

 

ストレスは起きている時に働く交感神経と呼ばれる自律神経を優位にするという特徴があり、寝ている時に優位になる副交感神経の働きを阻害するので、不眠症とストレスには大きな関係性があると言えます。

 

もちろん、ストレスだけではなく、生活環境が良くないという場合も不眠症の大きな原因となるので、規則正しい生活を送ることができているのか、一度見直してみた方が良いでしょう。

 

病院を受診すると不眠症を治すために薬が処方されることがありますが、薬物に頼れば良いというわけではなく、間違った睡眠習慣を改めるというケアも大事です。

 

睡眠薬の副作用で悪夢が見やすくなるとも言われているので、適切な睡眠習慣を身に付けられるように、医師による指導とアドバイスを受け入れ、それを実際の生活で実践してみるのが良いかもしれません。

 

また、病院によっては光を一定時間に渡って照射し、睡眠の時間帯を矯正する高照度光療法が実施されており、不眠症を治す方法の一つだと説明できます。

 

不眠症の症状は人によって大きく異なるため、どのような治療が良いのか専門医に尋ねなければきちんと把握することができないものの、神経症から引き起こされていることもあるのです。

 

今夜も眠れないのかという不安や、悪夢による恐怖感が積み重なり、不眠症として表れているかもしれないので、ストレスを溜め込まないためにもあまり深く考えすぎないようにしてください。

 

 


「悪夢と病気」についてのページ