チャンピックスが原因の悪夢

 

 

チャンピックスが原因の悪夢について

チャンピックスとは、禁煙にチャレンジしたいと考えている方の飲み薬で、禁煙は自分の意志だけで成功させるのはとても難しいため、チャンピックスを服用しているという方はいらっしゃいます。

 

しかし、チャンピックスが原因で悪夢を見やすくなると言われているので注意が必要です。

 

これはチャンピックスに限った話ではありませんが、睡眠薬や抗うつ薬といった血圧に作用する薬は、副作用として奇妙な夢や悪夢を見やすくなります。

 

もし、このような薬を服用してから悪夢を見るようになったという方は、薬が原因で引き起こされていると考えた方が良いでしょう。

 

「夢だから気にしない」という方はいらっしゃるかもしれませんが、人によっては悪夢での恐怖体験がトラウマになる可能性は十分にありますし、自分が死ぬような悪夢は誰でも見たくはないと考えるはずです。

 

基本的にチャンピックスは副作用の少ない薬だと言われているものの、医薬品には副作用がつきものということには変わりないので、チャンピックスが原因で悪夢が引き起こされるのは仕方がないと言えます。

 

どうしても悪夢を見たくないのであれば、他の禁煙方法を試す必要がありますし、なるべく薬に頼らない方が良いということは間違いありません。

 

それでも、禁煙を続けるには相当な強い意志と根気が大事なので、チャンピックスに頼るのも一つの選択肢なのです。

 

タバコを吸うと脳も受容体とニコチンが結合し、ドーパミンという快感を感じさせる物質が放出されるので、喫煙者はタバコを吸うことでリラックスできると感じます。

 

タバコの変わりにチャンピックスを服用することで、ニコチンよりも少量のドーパミンを放出させ、ニコチン切れによるイライラ感などを防いでくれるため、禁煙ができるというわけです。

 

人間は意志の弱い生き物なので、禁煙中でもタバコを吸いたいと感じ、実際に手を出してしまいますが、チャンピックスを服用していれば一服した際の快感が損なわれるので、禁煙を助ける薬として多くの方が服用しております。

 

ただし、チャンピックスが原因で悪夢を見やすいというのは仕方のない現象なので、薬だけに頼るのではなくタバコを止めることの代替行為を探してみましょう。

 

無理に禁煙すると身体に大きな負担が加わってしまうので、ウォーキングといった軽い運動を行ったり、音楽を聞いてリフレッシュしたりと、スッキリと終えられることを探すのです。

 

また、ニコチンの依存度が高いという方は、自宅での処置には限界があるので、医師や薬剤師に相談し、専門的な禁煙治療を受けるようにしてください。

 

現在では禁煙外来と呼ばれる科を設けている病院があり、専門医の指示の下でタバコを止めるための本格的な治療を受けられます。