子供の悪夢の原因

 

 

子供の悪夢の原因について

「悪夢を見るのはストレスが溜まる大人だけ」と考えている方がいらっしゃいますが、実は子供でも悪夢を見ることはありますし、うなされて恐怖感を覚えることもあります。

 

悪夢は子供から大人まで世代を超えた一種の国民病で、子供の悪夢の大きな原因は、レム睡眠の時間が長いということです。

 

私たちはレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しており、夢を見るのは眠りが浅くなっているレム睡眠時だという特徴があります。

 

つまり、子供はレム睡眠自体の時間が長く、ノンレム睡眠の時間が短いので、この睡眠リズムが原因で悪夢を見やすいというわけです。

 

眠りが浅い時間帯といっても、レム睡眠は脳が発達するために重要で、子供であれば誰しもが引き起こされることなので特に気にする必要はありません。

 

悪夢自体は医学的に解明されておらず、ストレスや寝る前のアルコールが原因だと言われているものの、未だに研究中の症状だと説明できます。

 

そして、悪夢を見るということは、少なくとも健康な睡眠状態ではないと考えられるので、大人であればグッスリとした快眠を得られるように、毎日の生活で何かしらの対処を行っていかなければならないのです。

 

その点、子供の場合はレム睡眠の時間が長くなるのは成長の段階で当たり前のことですし、仮に全くストレスを感じていなくても子供は悪夢障害に陥る可能性が高く、それが原因で悪夢にうなされると考えられております。

 

寝ている最中に、急に叫んだり泣き声を出したりという夜驚症と似ている部分があり、親御さんは子供が病気や発達障害なのではないかと不安になってしまうでしょう。

 

しかし、悪夢にしても夜驚症にしても、子供の成長段階において生じる現象ですし、年齢とともに徐々に頻度は少なくなっていきます。

 

また、子供はテレビで怖いシーンを見たり、幼稚園や小学校などでショックな出来事があると、それが原因で悪夢を見やすくなるかもしれません。

 

そんな時は親が優しく労わってあげる必要がありますし、子供に恐怖感や不安感を与えるようなテレビを見させないという対処が大事です。

 

個人差が生じる部分なので一概には説明できませんが、子供は悪夢の内容を鮮明に覚えていることが多く、親御さんは子供がうなされていたら起きた時に、ゆっくりと話を聞いてあげるようにしましょう。

 

恐怖は話をすれば多少は楽になりますし、悪夢を見る頻度が多いという子供であれば、尚更優しく接してあげなければならないのです。

 

れでも、あまりにも悪夢を見る回数が多かったり、夢の内容がトラウマになるようであれば、病気が原因かもしれないので、病院で相談してみてください。