悪夢と薬

 

 

悪夢と薬について

悪夢を見る原因は人によって様々となっており、基本的には普通の夢を見るのと同じ現象なので、誰にでも引き起こされる可能性のある症状だと言えます。

 

しかし、医師から処方された薬やドラッグストアなどで販売されている薬を服用している方は、悪夢を見やすいという特徴があるのです。

 

全ての薬というわけではなく、一種の副作用として悪夢が引き起こされやすくなり、これは薬の作用によって眠りの質が通常の状態とは異なっているということも原因の一つかもしれません。

 

悪夢を引き起こす可能性のある薬としては、カテコールアミン作動性薬剤やβ遮断薬といった血圧に作用する薬、抗うつ薬や抗精神病薬、睡眠薬や禁煙補助薬といったように、様々な種類が挙げられます。

 

個人の体質によって薬が身体に与える影響は異なるので、一概に説明することはできないのですが、脂溶性の高い薬剤ほど薬物濃度が濃くなって副作用も生じやすくなるため、その影響で悪夢を見やすくなるというわけです。

 

悪夢が怖いということで中々眠りにつくことができず、医師から処方された睡眠薬を摂取しているという方は多くいらっしゃいます。

 

とは言え、睡眠薬の服用によって悪夢の症状が悪化していることも十分に考えられるため、闇雲に睡眠薬を服用すれば良いというわけではないのです。

 

また、今まで長期的に睡眠薬を服用していたり、一度に服用する量が多いという方が、急に摂取を止めると離脱症状として悪夢を見やすいということが分かっております。

 

今まで睡眠薬に頼って眠っていた方が、いきなり普通に寝付くのは少々難しいかもしれませんが、少しずつ服用量を減らしていくようにしましょう。

 

素人の判断では薬の服用をどの程度まで減らせば良いのか分からないかもしれないので、医師と相談して判断を委ねてもらうのがベストです。

 

不眠症や睡眠障害の治療を病院で行う場合、睡眠薬が処方されて「これで眠れます」という対処だけではなく、いかに睡眠薬に頼らずに眠れるかが重要なので、睡眠に関する指導も同時に行っていきます。

 

薬の作用は強く、初めて睡眠薬を服用したという方は、その効果に驚いたかもしれませんが、なるべく薬剤に頼らずに眠れるようにした方が良いことは間違いありません。

 

薬は人工的なものなので、身体に良いというわけではありませんし、薬の副作用の影響によって悪夢が引き起こされやすいということから、依存しない方が良いということがお分かり頂けるはずです。

 

現在では寝付きが悪いといった不眠症を改善できるようなサプリメントが、様々なメーカーから販売されており、薬剤と比べると穏やかに作用するという特徴があるので、試してみるのは一つの選択肢だと言えます。

 

 


「悪夢と薬」についてのページ