悪夢と抗うつ剤

 

 

悪夢と抗うつ剤について

抗うつ剤とは、パニック障害やうつ病、社会不安状態といった病気の治療に使われる薬のことで、アナフラニールやトフラニールなど様々な種類があり、基本的に医師の処方によって入手する形となります。

 

これは抗うつ剤に限った話ではないものの、薬には副作用が存在し、その影響で悪夢といった症状が表れる場合があるのです。

 

全ての方が悪夢を見やすくなるというわけではありませんが、抗うつ剤による副作用の一つが悪夢なので、服用する際には注意が必要となります。

 

とは言え、うつ病といった精神的な病気は過度のストレスによって生じることが多く、自然に治るような病気ではないため、副作用を怖がっていては治療を行うことができないのです。

 

もちろん、薬物を使った治療だけではなく、生活習慣の改善が医師から求められますが、基本的に症状を和らげるためには薬の力が必要不可欠なので、抗うつ剤といったものを服用しなければなりません。

 

「副作用で悪夢を見るようになったら逆にストレスが溜まる」と考える方はいらっしゃいますが、精神的な病気を放置していると日常生活に大きな支障が出てしまうため、なるべく薬を使って早めに治した方が良いのです。

 

実際に、抗うつ剤を飲み始めてから症状が和らいだという方は多く、医師の指示に従って服用していれば大きな副作用に悩まされることは少ないと言えます。

 

また、抗うつ剤といった薬は、自分の判断で勝手に服用を止めると副作用が引き起こされることがあるので、悪夢を見ないようにするためには、少しずつ量を減らしていかなければならないのです。

 

どちらにしても、医師の判断に委ねて抗うつ剤を服用していかなければならないということには変わりないでしょう。

 

ただし、全ての方が悪夢といった副作用に悩まされるというわけではなく、人によっては何も異常なく服用できる可能性もあるので、そこまで怖がらなくても良いというのは確かです。

 

悪夢を見るというのは怖いことですし、不快な気分になってしまいますが、日々のストレスが溜まらないように発散できていれば、毎晩のように悪夢でうなされるという心配はなくなります。

 

ストレスを上手くコントロールできないというのが、うつ病や自律神経失調症の大きな特徴なので何とも言えないものの、毎日の生活でリラックスを心掛けることはできるはずなので、なるべくストレスを溜め込まないような対策を練ってください。

 

 


「悪夢と薬」についてのページ