リフレックスの副作用による悪夢

 

 

リフレックスの副作用による悪夢について

2009年に厚生労働省によって認可された抗うつ剤の一つがリフレックスで、うつ病の治療として医師から処方される場合があります。

 

他の薬剤と同じように、リフレックスには副作用があり、その一つが悪夢です。MeijiSeikaファルマ株式会社から製造されているリフレックスだけではなく、他の薬剤でも悪夢を中心とした副作用が生じることはあるので仕方がないと言えます。

 

連日のように引き起こされる悪夢は確かに憂鬱な気分になるかもしれませんが、うつ病といった疾患を治すということが一番の目的なので、医師の指示に従って服用していかなければならないのです。

 

このリフレックスは抗うつ剤の中でも少々特殊となっており、その影響によって日本で認可されるまでに若干のタイムラグがあったのかもしれません。

 

従来の抗うつ剤は、セロトニンやノルアドレナリンといった脳内物質を抑制し、これが足りないという状態を意図的に作り、セロトニンやノルアドレナリンを増やして神経の働きを良くするものでした。

 

その点、リフレックスはセロトニンやノルアドレナリンをブロックするという作用は一緒ですが、脳内に危険信号を出させて直接セロトニンを放出させるような働きがあるのです。

 

心と精神を安定させる作用を持ち合わせているのが、脳内物質の一つのセロトニンで、これが十分に作用することで幸せや喜びといった感情が湧き上がってきます。

 

しかし、うつ病といった精神病を患っている患者さんの多くはセロトニンが脳内で不足しているため、何事に対しても意欲が湧かないといった症状に悩まされてしまうのです。

 

そのため、リフレックスが従来の抗うつ剤とは大きく異なり、優れた作用を持ち合わせているということがお分かり頂けるでしょう。

 

しかし、どんなに良い効能を持ち合わせていたとしても、精神神経系に関わる副作用が引き起こされるのは得られる効果の代償なので、悪夢に悩まされる可能性は十分にあります。

 

悪夢だけではなく、リフレックスを服用することによって、口の渇きや倦怠感、便秘や痙攣、めまいや意識障害といったように、様々な副作用が引き起こされてしまうのです。

 

重大な副作用はありませんし、命に関わるような症状はないものの、投薬を開始してから初期の段階は副作用が表れるかもしれないので、十分に注意しなければなりません。

 

とは言え、医師の説明を事前に受けていれば副作用が引き起こされたとしても、きちんと対処することができるはずですし、直ぐに診察を受ければ症状が悪化することはないので安心してください。

 

 


「悪夢と薬」についてのページ