悪夢と睡眠薬

 

 

悪夢と睡眠薬について

睡眠薬とは眠りへと誘ってくれる薬の一種で、不眠症で中々眠ることができないという患者さんに処方されます。

 

睡眠薬といった薬剤には副作用がつきもので、長期的に服用することで悪夢にうなされやすいと報告されているので注意が必要です。

 

幻覚や幻聴を伴うということはほとんどありませんが、どのタイプの睡眠薬にしても副作用があるということには違いなく、睡眠薬の服用によって急に悪夢にうなされやすくなったという方は、薬剤による副作用の可能性が高くなります。

 

1回きりの悪夢でも記憶に鮮明に残ることが多いですし、恐怖感で怯えることもあるので、そのような悪夢が連日に渡って引き起こされている状態を想像するだけで不安感に駆られてしまうはずです。

 

しかし、最近の睡眠薬はそこまで強力なものではなく、穏やかに作用する薬剤から使っていれば、身体に大きな異常が引き起こされるということはほとんどありません。

 

以前まで頻繁に使用されていたバルビツール酸系の睡眠薬は、眠りへと誘う効果は高いものの、その分副作用や依存性の危険も高く、使用が懸念されておりました。

 

睡眠薬はドラッグストアやコンビニといったように市販では販売されておらず、必ず医師の処方箋が必要なのですが、それでもバルビツール酸系の睡眠薬が頻繁に使われていた時期はあったのです。

 

その点、現在医師から処方される睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系と呼ばれるもので、耐性や依存性が引き起こされにくいという特徴があります。

 

一昔前の睡眠薬を知っているという方は、「絶対に服用しない方が良い」と考えるものの、そこまで危険性がないものへと変化してきました。

 

薬の種類によっても効能に大きな違いが生じており、超短時間で作用するタイプのハルシオン、短時間で効き目が表れるレンドルミン、長時間タイプのベノジールなど様々な睡眠薬があるということがお分かり頂けるでしょう。

 

このように、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、使用方法や使用量をきちんと守っていれば重大な副作用はないと言われておりますが、絶対に異常症状が生じないというわけではなく、悪夢を見たり疲労感が溜まったりと、人によって異なる症状が表れます。

 

睡眠薬の服用目的は個人によって微妙に異なるものの、薬剤という点では一切変わりないので、安全に服用していくためには、医師の説明をきちんと受けなければならないというわけです。

 

とは言え、薬剤を服用していないとしても、悪夢は生理現象の一つとして引き起こされる可能性が高いので、服用する場合はもっと他の症状に注意した方が良いかもしれません。

 

 


「悪夢と薬」についてのページ