悪夢と電磁波

 

 

悪夢と電磁波について

眠る度に悪夢にうなされているような人は、もしかしたら電磁波が原因かもしれません。

 

私たちの身の回りにある電化製品からは電磁波が発せられており、それが身体に悪影響を与えるのではないかと考えられております。

 

特に、スマートフォンから発せられる電磁波は、ガラケーよりも10倍以上のダメージが加わることが分かりました。

 

現代人にとって必須なアイテムという点では変わりないものの、その電磁波の影響を受けて悪夢を見やすくなったとしても決して不思議ではないのです。

 

特に、スマートフォンから発せられるブルーライトを寝る前に浴び続けていると、脳が覚醒して睡眠の質が下がると言われております。

 

スマホに限らずパソコンにも同じことが言え、約24時間の周期を持つ生体リズムのサーカディアンリズムが狂い、自律神経系や内分泌系、免疫系に悪影響が及ぶのです。

 

睡眠の質が低下すれば当然のように疲れやストレスが溜まり、毎日の睡眠できちんと回復できなくなるので、精神的なストレスで悪夢を見やすくなったとしてもおかしくはないのではないでしょうか。

 

精神的なストレスと悪夢には少なからず関係性があると言われておりますし、睡眠の質を高めるためにも眠る前にスマホやパソコンを使用しすぎない方が良いのです。

 

特に、不眠症などの睡眠障害を患っている人は、電磁波による影響を避けるためにも、スマホの使用時間を減らすような試みを行った方が良いかもしれません。

 

もちろん、悪夢と直接的に関わっているわけではありませんが、疲れやストレスをしっかりと回復させるためにも、入浴したりアロマを焚いたりして良質な睡眠をとれるような対策は重要となります。

 

仕事やプライベートで忙しい現代人は多いものの、私たち人間は眠らなければ絶対に生きていくことはできないので、病気を予防して健康体で過ごすためにも睡眠の質を高めることに焦点を当てなければならないのです。

 

ただ、電磁波を避けるために、全ての電化製品を使わないようにするのは不可能ですし、現代の生活においては難しいと言えるのではないでしょうか。

 

そもそも、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジといった電化製品から発せられる程度の電磁波で身体に悪影響が及ぶことはないので、あまり神経質になる必要はないのです。

 

電磁波が引き金となっているのではなく、その他の要因で悪夢を見やすい状態になっているかもしれないので、普段の生活でストレスを溜め込まないように上手く発散してみてください。

 

 


「悪夢の理由」についてのページ