悪夢と浄化

 

 

悪夢と浄化について

毎日のように悪夢に悩まされているという方は、悪霊に取り付かれているのではないかと考えることがあり、それを浄化できなければ改善できないと思っているかもしれません。

 

霊の存在に関しては絶対にいないとも絶対にいるとも答えることはできないものの、非現実的なことを考える前に、自分の日常生活を見直す必要があります。

 

悪霊を浄化しなければ悪夢を防げないというわけではなく、毎日の中に悪夢が引き起こされるような原因が潜んでいることが多いのです。

 

それはストレスだったり疲れだったりと、人によって大きく違いが生じており、それによって睡眠の質が悪くなり、眠りの浅いレム睡眠が増えることにより、悪夢に悩まされるようになります。

 

とは言え、このような原因がなくても、ふとした拍子に見るのが夢で、それが良い夢か悪夢かは実際に見てみなければ分からないのです。

 

たとえ見た夢が悪夢だったとしても、不安や恐怖というものは無意識に湧き出てくる自然な感情で、起きた後にショックを受けるのではなく、「悪夢を浄化できて良かった」とポジティブに考えてみましょう。

 

誰でも悪夢を見て嫌な気持ちになることは間違いないものの、悪夢は心の浄化なので、実際に現実世界で引き起こされた出来事ではないのです。

 

もちろん、悪夢によって何度も目が覚めてしまうという方は、睡眠で疲れを取り除くことができないため、リフレッシュすることを心掛けてストレスを溜め込まないような対策を練る必要があります。

 

また、寝る前に考えている内容の夢を見やすいという特徴があり、お金のことを考えている方は仕事の夢を見やすいですし、他人の目ばかり気にしているという方は人間の想念を夢で見るという機会が増えるはずです。

 

それが悪夢だとしても、自分がフォーカスしている意識レベルによって夢の内容は変化し、その情報源によって明晰さが変わります。

 

これは潜在意識のレベルなので、一概に説明することはできないかもしれませんが、自分自身が自己浄化のプロセスとして、否定的な性格や感情が悪夢として引き起こされているのです。

 

自己分析というのは一番難しいことですし、自分の考えだけではなく他人から見た自分というものも参考にしていかなければなりません。

 

もし、自分の心の中に眠っているような否定的な感情をきちんと浄化することができれば、悪夢を見る回数は次第に減っていくのではないでしょうか。

 

ネガティブな気持ちを抱えて眠りにつくと、楽しい夢ではなく、嫌な気分になる夢を見やすくなるかもしれないので、あまり深く考えすぎない方が良いのです。

 

 


「悪夢の理由」についてのページ