悪夢と枕

 

 

悪夢と枕について

悪夢に毎日うなされているという方は、枕に原因があるかもしれません。

 

悪夢を見るということは、あまり熟睡できていない可能性が高く、自分に適した枕を使わなければ快適な睡眠を得ることはできないのです。

 

中には適当に枕を選んでいるという方がいらっしゃいますが、寝具は快適な睡眠を得るために重要なグッズの一つですし、枕一つで睡眠の全てが決まると説明できます。

 

枕が高すぎたり低すぎたりすると、不自然な体勢で眠れなければなりませんし、寝付きが悪くなったり睡眠の質が低下したりするので、悪夢を見やすくなってしまうというわけです。

 

例えば、同じ身長・体重・体型の方がいたとしても、適した枕は異なると言われており、睡眠の質を高めて悪夢から解放されたいのであれば、オーダーメイドで枕を注文するのが良いでしょう。

 

とは言っても、オーダーメイドで購入するのは面倒だと感じるかもしれないので、そのような方はまず枕の大きさから決めるべきです。

 

特に主流となっている大きさが43×63cmで、自分の首の高さに合わせて一回り小さい35×55cmタイプや、一回り大きい50×70cmタイプというように選択していきます。

 

枕の中には2人用の43×120cmサイズがあり、寝返りを打つ回数が多いという方に適しているものの、シングルベッドの場合は横にはみ出してしまうので注意が必要です。

 

また、枕の材質も忘れてはならない重要なポイントの一つで、フワフワとしてボリュームがあるポリエステル、通気性が良く吸湿にも優れた羽根、弾力性のあるクラッシュラテックス、フィット感がある低反発ウレタンなどたくさんの種類があります。

 

どの材質においてもメリットだけではなく、デメリットも存在するので総合的に考えて選ばなければなりません。

 

他にも、枕の高さや枕のカタチを考慮した選び方をすれば、自分に合う製品を手に入れることができます。

 

自分に合わない枕を長期的に使用していると、悪夢にうなされる確率が高まるだけではなく、顔のむくみや頭痛、首のハリの大きな原因となって、節々を痛めてしまうのです。

 

睡眠の質が低下すれば日常生活に悪影響が加わることは間違いありませんし、ストレスが溜まって精神疾患のリスクが高まります。

 

悪夢によって恐怖感や不安感を感じていれば、更にストレスを増幅させる大きな原因となり、うつ病に発展するというケースも十分にあるでしょう。

 

以上のことから、快適な眠りを得る上で、ベッドや掛け布団だけではなく、枕は非常に大切なアイテムなので、何となく購入するのではなく、様々なポイントで比較して選ぶようにしてください。

 

 


「悪夢の理由」についてのページ