悪夢と二度寝

 

 

悪夢と二度寝について

二度寝をすると悪夢を見やすいという方は多く、何か関係性があるのか気になるという方は多くいらっしゃいます。

 

睡眠に関しては眠る時間や眠る環境など個人差が生じるので、一概に説明することはできませんが、二度寝は深い睡眠ではなく、浅い眠りなので夢を見やすいというのが大きな原因です。

 

グッスリと眠っているノンレム睡眠時には夢を見ないという特徴があり、眠りが浅いレム睡眠時に私たちは夢を見ることがあります。

 

一度起きてから二度寝をして直ぐは眠りが非常に浅いため、夢を見やすいというのはごく普通の出来事なのです。

 

それに、一度目覚ましをかけて起きたとしても、「二度寝したい」「もっと布団の中に入っていたい」「起き上がりたくない」という負の感情がつきまとうことにより、悪夢を見やすいのかもしれません。

 

また、朝絶対に起きなければならないという方は、「二度寝をすると悪夢を見やすい」と自己暗示をかけていることが原因で、実際に悪夢が引き起こされている可能性も十分にあります。

 

自分が見たい夢を必ずしも見れるというわけではなく、全ては頭の中で無意識のうちに行われているので、普段から気になっていることが悪夢となって表れるというわけです。

 

二度寝は非常に気持ちが良いですし、布団やベッドの中でゴロゴロとしているのが快感だと感じている方は多くいらっしゃいます。

 

しかし、「寝たいけど起きなきゃ」という葛藤を二度寝の中でずっと行っていると、知らず知らずのうちに心身に負担が掛かるため、逆に疲れが溜まるという場合もあるのです。

 

中には、長時間に渡って二度寝をしている方がおりますが、睡眠のリズムは明らかに崩れますし、体内時計にも乱れが生じるため、一日をボーっとした状態で引きずるというデメリットがあります。

 

疲れやストレスが溜まれば、それだけ自律神経に乱れが生じることとなり、その影響で二度寝の際に悪夢を見ることが多くなっているのかもしれません。

 

もちろん、二度寝が絶対に悪いというわけではなく、短時間であれば逆に頭がスッキリとしますし、ハツラツとした一日を送れるはずです。

 

睡眠時間や疲れ具合に関しては個人差が生じる部分ですし、仕事や残業で忙しいのであれば、休みの日くらいは二度寝をしたいと考えてもおかしくはないでしょう。

 

それでも、二度寝が原因で悪夢にうなされる日々が続いているという可能性は否定できないので、嫌な悪夢から逃れたいのであれば、早寝早起きを心掛けるようにしてください。

 

どうしても睡眠が足りないのであれば、二度寝をするのではなく、朝はしっかりと起きてお昼寝の時間をとるのがベストです。

 

 


「悪夢の理由」についてのページ