悪夢の種類

 

 

悪夢の種類について

人によって寝ている最中に見る悪夢には違いが生じており、「自転車のブレーキが利かない」「空を飛べるようになったけど落下した」というように色々な種類に分けられます。

 

傍から見ればユニークな夢かもしれませんが、引き起こされた当人にとっては想像もできないほどの恐怖であり、毎日のように悪夢が引き起こされていては嫌になってしまうはずです。

 

このページでは、人間はどのような種類の悪夢を見るのか詳しく説明しているので、興味がある方は一度チェックしてみてください。


追いかけられる悪夢

職場でのノルマや学校の宿題など、心が何かしらの圧迫を受けている時は、追いかけられるような悪夢を見ることがあります。

 

追いかけられる悪夢の中にも幾つかの種類があり、得たいの知れない何かに追われている場合は現実逃避を、逃げても逃げられないような状況の場合は、ストレスが大きく関係しているのです。

 

厄介なことを抱えており、普段からそのことばかりを考えていると、追いかけられる悪夢を見るようになります。


物事への恐怖の悪夢

日常生活でとある物事に対して必要以上に恐怖感を持っていると、そのイメージが具現化されて悪夢として現れる可能性があります。

 

例えば、ゴキブリが大嫌いな人が、部屋に出現した理由や対処方法などを考えていると、それが夢にまで出てきたというケースが一般的です。

 

突拍子もないことが夢として出てくることもありますが、頭の中で考えていることが悪夢として現れるケースはかなり多いのではないでしょうか。


人から受ける想念の悪夢

「自分に嫉妬する友人の想念」「自分を否定する同僚の想念」というように、自分に向けられる様々な想念が悪夢として出てくることがあります。

 

誰しもが見る可能性のある悪夢の一つで、人間関係のトラブルはいつの時代も後を絶たないからこそ、このような種類の悪夢を人は無意識のうちに見てしまうのかもしれません。


トラウマによる悪夢

過去に背筋が凍るほどのトラウマがあるという場合、それが悪夢として出てくるケースも珍しくありません。

 

起きている時は、既に克服した過去のトラウマだったとしても、無意識のうちに恐怖を覚えていることは多く、夢の中にも現れてしまうのです。

 

トラウマを克服するのは簡単なことではないため、ストレスを強く感じているのであれば、精神科や心療内科を受診して専門医に診断してもらった方が良いでしょう。


潜在意識が今の自分に伝えたいという悪夢

人によっては、潜在意識が今の自分に何か伝えたいことがある場合、その内容が悪夢として現れる可能性があります。

 

潜在意識とは起きている間も寝ている間も24時間活動しており、過去における心構えや欲望の大きな貯蔵庫だと言われているのです。

 

例えば、部屋が汚いという人は潜在意識では綺麗に片付けなければと考えていても、物事を決断する顕在意識では行動できないという場合があります。

 

そのような人は、自分の部屋から害虫が湧くといった悪夢を見て、今の状況を変えなければならないということに気が付くのです。

 

 


「悪夢の種類」についてのページ