妊娠中の悪夢

 

 

妊娠中の悪夢について

妊娠中に悪夢を見やすいという女性は多くいらっしゃるようですが、これはマタニティブルーの一つで、女性ホルモンのバランスが崩れ、気分が憂鬱になりやすいからだと説明できます。

 

イギリスでは、「Pregnancy Dream」という言葉があるほど、妊娠中に悪夢を見やすいというのは普通の現象となっており、ありとあらゆる不安を抱えるのは仕方のないことなのです。

 

ホルモンバランスによる影響だけではなく、自分の身体以外にも赤ちゃんのことが心配になるので、「無事に赤ちゃんが生まれるのだろうか?」「赤ちゃんの元気な顔を見ることができるのだろうか?」という不安は誰でも抱えます。

 

このような不安やストレスにより、妊娠中の女性は元気な赤ちゃんが生まれない夢や、旦那さんと喧嘩をするような悪夢を見やすくなってしまうのです。

 

赤ちゃんが誕生するということは、家族全員にとって大きな変化を意味しており、赤ちゃんを身篭っている女性は特に昼夜を通じて様々なことを思っているでしょう。

 

その不安感でストレスが溜まるというのは通常の出来事ですし、過度のストレスによって悪夢を見やすくなるので、身体に異常があるというわけではないのです。

 

それに、妊娠中は眠りの浅いレム睡眠の時間が長くなるという特徴があり、正常な状態よりも途中で目が覚めやすく、夢を見やすい状態となっております。

 

身体は休んでいるのにも関わらず、脳は覚醒している状態なので、元々夢を見やすくなっているというわけです。

 

夜中になされるような悪夢で目が覚めるのは誰にとっても辛いことですし、妊娠後期に近づくほどその不安は高まってしまうかもしれません。

 

しかし、妊娠中に悪夢を見やすいというのは医学的に根拠があることですし、悪夢でうなされたからといってお腹の中の赤ちゃんに悪影響が引き起こされるということはないので安心してください。

 

もし、妊娠中の悪夢が酷くて悩んでいるというのであれば、横向きや仰向けといった苦しい体勢で寝るのではなく、横向きで膝を曲げた状態のシムス位で睡眠をとるべきです。

 

シムス位は、妊婦さんにとって一番楽な就寝体勢だと考えられており、全身の力が抜けてリラックスできることにより、ストレスが解消されて悪夢に悩まされることも少なくなります。

 

更に、ブラジャーやズボンのゴムは、寝ている最中に「息苦しい」という感情を与えてしまうため、なるべく避けるようにしましょう。

 

以上のような対処を行ったとしても、悪夢を絶対に防げるというわけではありませんが、家族全員で頑張っていかなければならないので、妊娠中の奥さんの負担を少しでも和らげるために、旦那さんが上手くフォローしてあげるべきです。

 

赤ちゃんが生まれるという素晴らしい日のために、家族一丸となって助け合い、無事に出産できることを祈っております。

 

 


「悪夢の種類」についてのページ