悪夢を見る方法

 

 

悪夢を見る方法について

普通の人であればあまり考えないかもしれませんが、中には悪夢を見る方法について知りたいという方がいらっしゃいます。

 

悪夢で毎晩のようにうなされているという方は、なるべく幸福な夢を見たいと考えるものの、普段から夢を見ないという方は、興味本位で悪夢を見る方法を知りたいと考えるかもしれません。

 

確実に悪夢を見る方法は存在しませんが、2chなどでは、枕ではなく頭の下に手を敷いて寝ると、悪夢を見ることができると言われております。

 

恐らく、この方法で眠りにつくと寝ている最中に血液の循環が悪くなって、身体の一部分が痺れるために、寝苦しくなって悪夢を見やすくなるのです。

 

他にも、寝る前に気分の悪くなるような本やDVDを鑑賞したり、自分が腹の立つことを思い出したりすることで、不快な悪夢を見れるようになります。

 

「悪夢ほどスリルのあるものはない」と考えている方は意外と多く、現実世界で引き起こされたら嫌なことでも、夢の中だからこそ面白いと考えるのではないでしょうか。

 

基本的に、寝苦しかったり普通ではありえないような状況で眠りにつくのが、悪夢を見る方法の一つで、100%ではないにしても、かなりの確率で見られるようになります。

 

しかし、どの方法を実践したとしても快適な眠りを阻害されるのは間違いないですし、自律神経の交感神経が大きく刺激されるので、あまりおすすめできる方法ではありません。

 

仮に、自分が求めるようなスリルのある悪夢を見ることができたとしても、その代償としてストレスや疲れが溜まりますし、毎日のように見続けていては苦しいという感情を抱くはずです。

 

一度だけ興味本位で試すのは良いかもしれませんが、毎日のように実践すると心身ともに大きなダメージを受けるはずなので、良質な眠りを得るためにも長期的に試さない方が良いと言えます。

 

悪夢についてはっきりと解明されておらず、まだまだ分からないことがたくさんあるものの、生理的な異常を知らせるために脳から送られているサインのようなもので、目を覚まそうとする自衛手段だと考えられるのです。

 

以上のような方法を試せば悪夢を見られる確率は高まりますし、逆に言えば寝る前に自分が嫌だと思うことを一切考えず、好きな香りを嗅いだりリラックスしていれば良い夢を見られるようになります。

 

良い夢を見ると、目覚めた瞬間に「夢だったのか」とショックを受けるかもしれませんが、自然と穏やかな気持ちになりますし、その1日は良いことが起きるのではないかという感覚に捉われるはずです。

 

ストレスを無理に溜め込まないためにも、悪夢を見るのではなく、自分が心地良いと思える夢を見られるように、睡眠環境を今一度見直してみてください。

 

 


「その他」についてのページ