悪夢と失恋

 

 

悪夢と失恋について

失恋してから悪夢ばかりを見るようになり、ストレスが溜まって苦しんでいるという方は多くいらっしゃいます。

 

全ての方が失恋で悪夢を見るようになるというわけではありませんが、恋愛でショックなことがあるとそれが心にとって大きな負担となり、その影響で悪夢を見やすくなるというのは不思議なことではないのです。

 

悪夢は誰でも見るものなので、そこまで気にする必要はないものの、ストレスが過度に加わっていると悩まされやすくなるという特徴があるので、普段の生活で上手く解消しなければなりません。

 

大切な人と別れる結果となり、自分の気持ちはまだ相手にあるのに一方的に別れを宣告されたという場合、心に加わる傷は非常に大きく、夢ではなく現実だったのだと認識すると余計に寂しい気持ちとなります。

 

「もう失恋したくないから恋愛はできない」「このエンドレスな苦しみからいつになったら解放されるのだろう」という悩みを抱える方は、女性にしろ男性にしろたくさんいらっしゃるのです。

 

一般的に、男性は失恋から立ち直る期間が早いと考えられており、早い人で数日間、長くても1ヶ月程度で回復できます。

 

その点、女性の場合は平均的に見ると、失恋から立ち直るまでに3ヶ月以上は費やすというデータがあり、相手のことを思う気持ちが強ければ強いほど、その期間は長くなるはずです。

 

この間に加わるストレスはかなり大きく、神経質な人や几帳面な人は自分の気持ちを心に閉じ込めやすいので、それが爆発することで悪夢として現れると考えられます。

 

失恋をしてから取る行動は人によって様々で、どのような別れ方をしたかにもよりますが、どうにもならない理由で別れてしまったのであれば、いつまでも終わった恋にすがり付くのではなく、新しい恋を始める努力をした方が良いでしょう。

 

別れた人が自分にとって最後の恋人というわけではありませんし、生きていれば次々に出会いは訪れるはずなので、また次の恋を始める努力を行うべきです。

 

どんなに痛くて苦しい気持ちだったとしても、時間が経過すれば少しずつ癒してくれますし、新しい恋が始まってトキメキを感じていれば、悪夢に悩まされることも少なくなります。

 

もちろん、失恋したら誰でも悲しい気持ちや辛い気持ちになるはずなので、親しい友人に愚痴ったり泣いたりすることは悪いことではありません。

 

とは言え、いつまでもその失恋を引きずっていては、新しい一歩を踏み出すことはできませんし、自分にとって最愛のパートナーも見つけることはできないのです。

 

悪夢を見ないようにするためにも、そして必要以上にストレスを溜め込まないためにも、終わった恋にすがり付くのではなく、新しい運命の恋ができるようにチャレンジしてみてください。

 

 


「その他」についてのページ