悪夢と予知夢

 

 

悪夢と予知夢について

予知夢とは夢の内容の一つで、自分では全く意識していないような人や、全く思い当たらないことが出てくる状態を指します。

 

一般的には、楽しい夢にしろ怖い悪夢にしろ、現実社会で見たり聞いたりと、視覚や聴覚で感じた内容が多少変換された形で夢として現れるはずです。

 

しかし、予知夢の場合は全く知らないような人が出てくるので、これからの現実世界で引き起こされることがあるのではないかと感じる人がいらっしゃいます。

 

中には、予知夢を度々見るという方がおり、しかもそれが悪夢ばかりでシチュエーションは多少異なるものの、夢で良かったと思えることが現実で引き起こされてしまうのです。

 

このような悪夢を見ることが多いと、全てが偶然ではないような気がして恐ろしいという感情を抱いてしまうかもしれませんが、これは少々考えすぎだと言えます。

 

心霊現象や超能力を全て否定することはできないものの、人間には予知夢のような能力は備わっておりませんし、現実で起こった出来事を夢と勝手に結びつけているだけなのです。

 

ほとんどのケースで結び付かないことが多いはずですが、何度も悪夢で予知夢を見るということで、少し一致しただけでも自分の都合で覚えていると考えられます。

 

つまり、予知夢なんてものは実際にはありませんし、守護霊や先祖霊からのメッセージというわけでもありません。

 

あまり深く悪夢について考えすぎていると、恐怖感や不安感に襲われ、ストレスが溜まって悪夢を見やすくなるので注意が必要です。

 

連日のように悪夢でうなされているという方や、夜中や早朝に悪夢で起こされてしまうという方は、悪夢について考えすぎている傾向があります。

 

ストレスが溜まれば溜まるほど、心身ともにダメージが加わり、その代償として悪夢にうなされやすくなるので、もっとリラックスして毎日を過ごした方が良いでしょう。

 

もし、悪夢の中で悲惨な出来事や事件が引き起こされ、それが予知夢だったらどうしようと悩むかもしれませんが、現実世界で生じることとは全く無関係です。

 

あまりにも悪夢を見る回数が多いのならば、一度専門医に診せてカウンセリングなどを受けた方が良いかもしれません。

 

しかし、ほとんどの場合でストレスが過度に溜まったことで生じているはずなので、普段の生活で解消するように心掛けていれば、だんだんと悪夢を見る頻度は少なくなっていきます。

 

ストレスが溜まっていないと感じていても、気が付いたら心に大きな負担が加わっていたというケースが多いので、身体を動かしたり自分の好きなことに熱中したりと、意識的にストレスを発散させるような対処を行ってください。

 

 


「その他」についてのページ