悪夢と風水

 

 

悪夢と風水について

風水とは遥か4000年前に中国が発症の気の力を利用した環境学のことを指しており、様々な観測データを元にしてノウハウが確立されてきました。

 

睡眠中は身体が無防備な状態となり、潜在意識への影響が強く出ますし、寝る際の環境が悪いと悪夢を見やすくなるかもしれないので、風水の力を利用して乱れたエネルギーを整えるのは方法の一つだと説明できます。

 

風水の「風」とは、エネルギーの流れなど目に見えないものから、実際に身体で感じることができる空気のことで、「水」は自然界全体の水のことを表しているのです。

 

風水で必ずしも悪夢を見にくくできるというわけではないものの、確実な治療法がない症状だということは間違いないので、風水でエネルギーを浄化させ、快適な眠りに導くのは大事だと言えます。

 

安心して眠ることができればそれだけ深い眠りに繋がり、眠りの浅いレム睡眠の時間が短くなるため、悪夢を中心とした夢を見にくくなるのです。

 

ストレスは悪夢と大きく関わっているため、風水で快適な眠りを得られるようにするのは、対処法の一つだと言えるでしょう。

 

そこで、まずはベッドの配置が重要で、頭と壁との間に隙間があると、風水の考えで説明すると隙間の空間に気が流れます。

 

気が流れることは悪いことではありませんが、先ほどもご説明したように睡眠中は無防備になってしまうため、強い気が流れると不安感や恐怖感を覚え、それが悪夢として現れる可能性が高いのです。

 

布団の場合は壁にピッタリとくっ付ける必要はないものの、ベッドを使って寝ているという方は端の方に配置して隙間ができないようにしてください。

 

また、エアコンや梁の下にベッドがあると懸針殺(けんしんさつ)といって大凶にあたるため、様々な運気のダウンに繋がるので注意が必要です。

 

他にも、灯りのない真っ暗な部屋で寝ているという方がいらっしゃいますが、暗い部屋の中は陰の気がいっぱいで、悪夢を呼び起こす大きな原因となるかもしれません。

 

風水的な考えで真っ暗な部屋で眠るのは良くないので、豆電球を灯して少し明るくした状態で眠りにつくのが一番なのです。

 

以上のような対策を行っても、夢を見るというのは人間の自然現象の一つなので、完全に防ぐことはできないと説明できます。

 

それでも、悪夢によってストレスが溜まり、体調不良を引き起こすことがあるので、そのような事態を少しでも防ぐためにも、風水に頼って良い運気をどんどん取り入れてみてください。

 

 


「悪夢の対策」についてのページ